2020.03.31RELEASE

【プレスリリース】しんきんものづくり大賞「2020優良企業表彰」にて 【最優秀賞しんきんものづくり大賞】を受賞

PDFダウンロード

 社団法人東京都信用金庫協会などが主催する「2020優良企業表彰式」にて、城北信用金庫(本部:東京都北区、理事長: 大前 孝太郎)の推薦を受け、最優秀賞しんきんものづくり大賞を受賞しました。

▲城北信用金庫 本部にて。大前理事長より「しんきんものづくり大賞」の表彰状を授与される。

  • 月間の売上平均額は約6倍に成長、SDGs時代の事業展開が受賞の理由

昭和62年にスタートした優良企業表彰制度は、各分野で創意工夫を重ね成果をあげた優良企業を表彰しています。33回目を迎える2020年、対象企業約14,000社の中から38社が推薦を受け、学識経験者の方々による厳正な審査の結果、弊社が『最優秀賞しんきんものづくり大賞』を受賞する事となりました。

選考委員会委員長 三井逸友氏からは、講評として「長年の自動車部品製造の素材と加工技術を活かし、画期的な洗濯補助剤を開発、爆発的な売れ行きを実現するとともに、地域社会の住民ニーズにこたえ、新たなコミュニティの構築発展に寄与するという今日的な企業と社会との関係をつくり、存在意義を発揮している。」とのコメントを、いただきました。

  • 宮本製作所の「ものづくり」は「価値づくり」

1954年 埼玉県川口市に、自動車部品の機械工場として創業しましたが、現在は、マグネシウムの可能性を最大に活用するアイデアメーカーとして、生活用品の開発、農業/水事業など、安全な地球環境に安心して暮らすことのできる「価値づくり」に力を入れています。
シリーズ累計430万個を越えるヒット商品「洗たくマグちゃん」を発明した弊社は、「洗濯は洗剤をつかう」の常識を壊し、マグネシウムの洗濯で川や海をキレイにします。「洗濯排水は下水へ」の常識を壊し、洗濯排水を活用した循環型のオーガニック農業を実現します。弊社は、自動車部品の加工からアイデアを得て開発した”日用雑貨”を、つかった後の未来を創造し、事業化することを目指しています。

▲マグちゃん循環サイクル

  • 経営危機から一転、最優秀賞へ

コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となった、東京ドームホテルでの表彰式に代わり、弊社を推薦いただいた城北信用金庫より、弊社のための表彰式を催していただきました。洗たくマグちゃんを発売した2013年。実は、前年度は返済計画の見直しを申し出るほどの経営難に陥っていましたが、先代の頃より取引のある城北信用金庫に支えられ、今日を迎えることができました。今後は、マグネシウムで「人々の暮らしと環境をより良く変えていく」ことをミッションに、あらゆる生活用品への展開を目指します。

【リリース全文】は、こちら。

【関連記事】は、こちら。

記事をシェア

宮本製作所トップページへ
TOPお知らせ【プレスリリース】しんきんものづくり大賞「2020優良企業表彰」にて 【最優秀賞しんきんものづくり大賞】を受賞

各種お問い合わせ

宮本製作所とのお取引、商品についてのお問い合わせ、
取材・講演依頼につきましては、以下よりお問い合わせいただけます。